通水管|クモの調教に成功

クモのジャンプを生体力学で解明 マイクロロボット開発に応用 クモが嫌いな人には「Nature Scientific Reports」誌に発表された研究結果に、素直に喜べな通水管いかもしれない。【動画】クモの調教に成功、訓練でジャンプ 英マンチェスター大学の研究チームがハエトリグモの一種であるリーガルジャンピングスパイダーのメス「キム」を通水管教して、ジャンプさせることに成功した。もちろん世界で初めてのことで、同誌で発表したのだ。 クモは1週間に1度ほどしか食事を摂らない。そのため、犬のようなペットとは違って、通水管餌で動機づけすることは難しい。難題が山積みの中、クモの訓練が行われた。 研究を率いたモスタファ・R・A・ナバウィー氏は「キムは週に1匹しかコオロギを食べません。ですから、通水管練に脳の報酬系を条件づけに利用することはできないのです」と話す。「もし餌を使って調教したら、餌を与えたときしかジャンプしてくれないでしょう。これでは、1週間に1度しかジャンプさせ通水管れません」 そこでナバウィー氏たちは、クモを持ち上げて、離れた台に移すことにした。この作業を繰り返すと、キムは条件づけられて、人間の手助けなしでジャンプするようになった。通水管 ナバウィー氏らはクモのジャンプの様子を、ハイスピードカメラと3D-CTスキャナーで正確に記録した。 その結果、ジャンプの瞬間、クモの脚には体重の5倍の力がかかっ通水管いることがわかった。キムが静止状態から、体長の6倍を超える距離をジャンプできるのはこの脚の力のおかげだ。人間は止まった状態からだと、せいぜい身長の1.5倍しかジャンプできない。