通水管|大谷11K快投も4勝目ならず

「エンゼルス2-1ツインズ」(13日、アナハイム) エンゼルスの大谷翔平投手(23)が今季4勝目をかけて13日(日本時間14日午前5時通水管7分開始)の本拠地エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムでのツインズ戦に中6日で先発した。5者連続三振を奪うなど、6回1/3を3安打1失点、1通水管奪三振をマーク。メジャー自己最多の103球を投じ、1点リードで勝利投手の権利を持っての降板だったが、リリーフが同点を許し、4勝目はならなかった通水管。試合は九回、コザートの左前打でエンゼルスがサヨナラ勝ちした。【写真】母の日仕様のピンク野球帽で快投 七回1死からモリソンに四通水管を出したところで交代が告げられた。スタンディングオベーションの中、大谷がマウンドを降りる。これは好投をたたえると同時に、裏を返せばブルペンが不通水管定なことを本拠地のファンが知っているということでもある。最近2試合でも救援陣が失点して連敗していた。 その不安は的中。1点リードでの降通水管板だったが、リリーフしたベドロシアンがこの回に同点に追いつかれる。大谷には失点が付き、4勝目は消えた。 大谷は序盤から三振ショーを展開通水管途中、5者連続を含み、4月8日のアスレチック戦でのメジャー自己最多12奪三振にはあと1つ及ばなかったが、六回まで毎回の11奪三振を記録した。