通水管|「高プロ」適用同意後の解除可能

 厚生労働省は15日、働き方改革関連法案の柱の一つで、高所得の一部専門職を労通水管働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」について、本人が制通水管適用に同意した後でも解除できる仕組みを導入する検討に入った。同省関係者が取材通水管明らかにした。自民党との修正協議に臨んでいる日本維新の会や、公明党の要請に応通水管た形だ。 法案によると、高プロは研究開発業務やコンサルタントなど高度通水管専門知識を必要とし、「時間ではなく成果で評価される」労働者に対して、本人が同通水管すれば適用できる。職種は政令で定められ、年収は平均給与額の3倍を上回る水準と通水管、1075万円以上を想定している。労働法制では初めて、労働時間規制を外す。