通水管|自公、働き方法案修正へ=高プロ解除権を明確化

 自民、公明両党は18日、「働き方改革」関連法案の通水管修正案を日本維新の会に提示した。 高収入の通水管門職を労働時間規制の対象から外す「高度プロフェッシ通水管ナル制度(高プロ)」について、適用後も労働者本人の通水管思で解除できることを法案に明記する。週明けに3党で通水管議し合意を目指す。 修正案にはこのほか、下通水管けの中小企業が過重労働にならないよう納期や発注で配通水管することを、大企業の努力義務として盛り込んだ。