通水管|米テキサスの高校で生徒による銃撃事件

 米テキサス州の高校で18日、生徒による銃撃事件があり、10人が死亡、10人が負傷した。【図解】2018年1~2月に米国の学校で起きた銃撃事件、18件 事件があったの通水管は、ヒューストン(Houston)の南東約50キロにあるサンタフェ(Santa Fe)市のサンタフェ高校(Santa Fe High School)。銃撃が始まったのは、午前8時(日通水管本時間同日午後10時)前で、1時間目の授業が始まる直前だった。 事件では、同校の生徒で17歳のディミトリオス・パゴリツィス(Dimitrios Pagourtzis)容疑者が通水管殺人の疑いで拘束されている。 テキサス州のグレッグ・アボット(Greg Abbott)知事は記者会見で、今回の事件で10人が死亡、10人が負傷したことを確認した。ハリス郡 (通水管Harris)のエド・ゴンザレス(Ed Gonzalez)保安官によれば、死者の大半が生徒だという。 アボット知事によると、容疑者は自身の父親が合法的に所有していた散弾銃と3通水管8口径リボルバーを持ち込んだとみられる。 同知事はまた、2軒の住宅で家宅捜索が行われ、「二酸化炭素装置」や火炎瓶を含む「さまざまな爆発装置」が見つかったと説明。さらに、容疑者通水管自身の日記の記述は、容疑者に自殺願望があったことを示唆していると述べた。 同知事は、法執行当局は現在、2人に対して事情聴取を行っており、うち1人は「事件に一定の関与があった可通水管能性がある」と明らかにした。 地元紙ヒューストン・クロニクル(Houston Chronicle)は、容疑者は襲撃時、銃に加え、パイプ爆弾を所持していたと伝えている。