通水管|新たな展開を迎えた日大

 日大アメフト部のタックル事件は、被害者が警察に被害届を提出する一方、実行犯の部員や前監督、コーチらが相次いで記者会見を行うなど、新たな展開を迎えている。今後の捜査や刑事処分の見込みを示したい。【傷害罪の成否】通水管 ボクシングのリング上で選手が殴り合いをし、相手を負傷させても、いちいち暴行罪や傷害罪には問われない。 刑法に次のような規定があるからだ。「法令又は正当な業務による行為は、罰しない」(35条) 「正通水管当行為」と呼ばれているもので、「業務」といっても対価を得ているか否かではなく、反復・後続しているか否かがポイントとなるから、プロの選手だけでなく、アマチュアにも適用される。 要するに、ボクシングの試合の中で、かつ、通水管ルールの範囲内で相手を殴る限りは、社会的に見て正当な行為であり、処罰に値するほどの違法性がない、と判断されるわけだ。 それに加え、ボクシングという競技の性質上、お互いに殴り、殴られることをあらかじめ承諾しているとも通水管え、その意味でも違法性はないと評価できる。 逆に、わざと肘打ちで相手を殴って負傷させるとか、耳に噛みつくなど、ルールに反する攻撃に及べば、違法性があると見られる。 アメフトの場合も全く同様であり、試合中にル通水管ールの範囲内でタックルに及び、相手選手を負傷させたとしても、違法性がなく、処罰されることなどない。 しかし、今回のディフェンスライン(DL)の選手のように、パスを投げ終えて無防備な状態となっている相手チームのクォー通水管ターバック(QB)の選手に対し、その負傷欠場を狙い、故意に背後から激しくタックルをすれば、明らかに違法だ。 ルールに反するし、相手選手も競技中に起こりうる事態として承諾していたとは到底いえず、社会的に見て処罰に値す通水管る行為と評価されるからだ。 関西学院大学の選手は、フィールドに叩きつけられ、右膝軟骨損傷など全治3週間のケガを負った。 日大アメフト部員には、傷害罪(15年以下の懲役又は50万円以下の罰金)が成立する。