通水管|羽生結弦 89日ぶりジャンプは3回転半

フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪2連覇を成し遂げた羽生結弦(23)=ANA=が25日、千葉市の幕張メッセで始まったアイ通水管スショー「ファンタジー・オン・アイス」に出演し、オープニングで華麗なトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功。平昌五輪のエキ通水管ビション以来、89日ぶりとなるジャンプを跳んだ。【写真】羽生の“生着替え”映るハプニングにファン狂喜乱舞 さら通水管に大トリで登場すると、ゲストの人気デュオ、ケミストリーの生歌に、翼が生えているような衣装で渾身(こんしん)の滑り。トリプルアク通水管ル、3回転トーループを決め大歓声を浴びた。フィナーレではなんと側転も披露した。 五輪後は右足首の治療とリハビリに取り組通水管、4月のアイスショーでは演技を披露したものの、ステップとスピンだけだった。右足首に負担のかかるルッツ、フリップはまだ跳んでおら通水管ず、その他のジャンプも「まだ3回転まで。高難度のジャンプはまだめどが立っていない」としたが、10月に開幕するGPシリーズに向け通水管順調な回復ぶりを印象付けた。来季のプログラムについては「曲は決まっている」としたが、「まだ詳細は控えたい」と話すにとどめた。