通水管|西日本と東海・関東で大雨

あす21日(木)にかけて、西日本の広い範囲と東海、関東で雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる見込み。土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒する必要がある。また、落雷や通水管竜巻などの激しい突風にも注意が必要だ。西日本と東海・関東で大雨 地震の被災地は災害復旧活動に十分注意あす明け方までの予想降水量(多い所) あすにかけて、梅雨前線が西日本から東日本に停滞し通水管前線上の低気圧が太平洋側を進む。前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が入り、大気の状態が非常に不安定になりそうだ。 すでに九州では激しい雨の降っている所があり、土砂災害警戒情報が発表されている地域もあ通水管る。このあともあすにかけて、西日本や東海地方では雷を伴って1時間に50~70ミリの非常に激しい雨が降り、大雨となる見込み。特に九州から近畿・四国の太平洋側では、局地的に非常に激しい雨が数時間続くおそれがある通水管<21日明け方までの予想降水量(多い所)>近畿      300ミリ四国・九州南部 200ミリ東海      160ミリ関東甲信・奄美 150ミリ九州北部    120ミリ通水管<その後、22日(金)明け方までの24時間に予想される雨量(多い所)>九州南部・奄美 100~200ミリ 土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。また、通水管落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要となる。地震による被災地での注意点 18日(月)に発生した大阪府北部の地震で揺れが大きかった地域では、地盤の緩んでいる所がある。少ない雨でも土砂災害が発生す通水管おそれがあるため、引き続き注意が必要となる。 また、被災地では、突風に伴って瓦や看板、ガラス、瓦礫が落下したり、屋根のシートなどが飛ばされるおそれがある。災害復旧活動にも、十分に注意するようにしたい。