通水管|中後の解雇を発表 Dバックス2A

  ダイヤモンドバックス傘下2Aジャクソンが、中後悠平投手(28)を解雇した。同球団の公式サイトで発表された。【写真】平野とキャッチボールす通水管る中後 11年ドラフト2位でロッテ入りし4年間プレーした変則サイド左腕は、渡米3年目。16年に3Aで登板全13試合を無失点と好投し、17、1通水管年はメジャーキャンプに招待参加したが、悲願の昇格は果たせていない。今季は2Aの24試合で1勝1敗0セーブ、防御率5・29。マイナーからの挑戦は今年が通水管後と決めており、今後が注目される。 ワンセグ機能付きの携帯電話を持った場合、NHKと受信契約を結ぶ必要があるかが争われた訴訟の控訴審判決が21日、東通水管高裁であった。萩原秀紀裁判長は「受信契約を結ぶ必要がある」と判断し、NHKを勝訴させた一審・東京地裁判決を支持し、「契約は無効だ」と主張した東京都葛通水管区議の立花孝志さん(50)の控訴を棄却した。 放送法は「受信設備を設置したら契約しなければならない」と定めている。最高裁は昨年12月、この規通水管に基づき、「テレビを設置すれば受信契約を結ぶ必要がある」という初判断を示したが、ワンセグ携帯については言及しなかった。 今回の訴訟では「設置通水管の解釈が争点となったが、東京高裁は、「受信機を置くだけでなく、使用できる状態で管理するという意味」だと述べ、ワンセグ携帯も契約の対象になるとした。 #=========#