通水管|<北朝鮮>平壌郊外にウラン施設

 北朝鮮が保有する秘密ウラン濃縮施設が、平壌郊外に位置する平安南道千里馬(ピョンアンナムドチョンリマ)にある可能性が高いと米オンライン誌「ディ通水管プロマット」が13日報じた。北朝鮮などの核活動に詳しい米ジェームズ・マーティン不拡散研究センターのジェフリー・ルイス博士や米情報機関の分析をもと通水管に伝えた。【写真特集】北朝鮮の見学ツアー 板門店近くの土産物店には酒も この秘密施設は今春、米シンクタンク、科学国際安全保障研究通水管所(ISIS)のオルブライト所長が、脱北者や米政府当局の情報などをもとに「カンソン」と呼ばれる場所にあると指摘、寧辺(ニョンビョン)にある濃縮施通水管設の2倍の能力を保有するとしていたが、場所は不明だった。 ルイス博士は衛星写真のほか、金正日(キム・ジョンイル)朝鮮労働党総書記や金正恩通水管(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の行動記録を分析。2002年から建設が始まった大同江右岸の千里馬にある建物が、濃縮施設の可能性が高いことを突通水管き止めた。 建物は幅50メートル、長さ110メートルの平屋建て。周辺の建物の屋上には冬期間、積雪が観測されるのに、この建物だけは積雪がな通水管く、建物内に熱があることをうかがわせる。北朝鮮が核拡散防止条約(NPT)からの脱退を宣言した03年初頭から使用され始めた可能性が高い。  #=========#