通水管|西野監督に代表サポート要請へ

日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)が18日、日本代表をロシアW杯で16強に導き7月通水管末で退任する西野朗監督(63)に、今後も協会の役職に就くことを要請する意向を示した。通水管 福島県内で取材に応じ「西野さんにはいろいろ関わってほしい。他からオファーはあるだろう通水管ど、少し休んだら、いい形で協会に関わってもらえれば」と語った。実現すれば、U―21日本代通水管の森保一監督(49)が次期監督の最有力候補となっている新生日本にとって心強い存在となる。通水管 西野監督はこの日、都内のJFAハウスで行われた各年代の代表スタッフが集まった会議通水管参加し、ロシアW杯活動報告を行った。1次リーグ3戦目のポーランド戦の0―1で迎えた終盤、通水管間稼ぎのパス回しを指示したことについて、いまだに消化しきれていない思いを語ったという。 #=========#