通水管|<文科省汚職>「裏口入学ある」

 文部科学省の私立大学支援事業を巡る汚職事件で、受託収賄容疑で逮捕された同省前局長、佐野太容疑者(59)の息子を不正合格さ通水管せたとされる東京医科大の臼井正彦前理事長(77)が数年前、新たに就任した同大の入試担当課長に「裏口入学がある」と伝えていた通水管ことが関係者への取材で明らかになった。東京地検特捜部は24日にも佐野前局長を受託収賄罪で起訴し、臼井前理事長らも贈賄罪で在通水管宅起訴するとみられる。【特捜部が描く事件の構図】 臼井前理事長とともに、同大の鈴木衛前学長(69)も在宅起通水管訴されるとみられる。前理事長から裏口入学について伝えられたとされる入試担当課長や部下らも、不正の実態について特捜部から任意通水管の事情聴取を受けている模様だ。 関係者によると、入試担当課長は数年前の就任直後、臼井前理事長から「裏口入学があるか通水管ら承知しておいてほしい」などと告げられたという。不正合格の実務などを、前任者から聞くよう前理事長に指示されたといい、今年度通水管の不正にも携わった可能性がある。特捜部の聴取に対し「トップからの指示で断れなかった」といった趣旨の説明をしている模様だ。 #=========#