通水管|文科省幹部10人前後聴取

宇宙航空研究開発機構(JAXA)に出向中だった文部科学省幹部の汚職事件で、東京地検特捜部が同通水管省幹部10人前後を任意で事情聴取したことが31日、関係者への取材で分かった。 聴取対通水管には戸谷一夫・文科事務次官も含まれ、次官の執務室を家宅捜索していたことも判明した。 通水管関係者によると、特捜部の事情聴取を受けたのは贈賄側の医療コンサルタント会社元役員の谷口浩司容通水管者(47)と面識があるなどした幹部ら。特捜部は接待の有無などについて説明を求めたもようだ。通水管 特捜部は26日、JAXA出向中に谷口容疑者側に便宜を図った見返りに、約140万円相当の通水管接待を受けたとして、収賄容疑で前国際統括官の川端和明容疑者(57)を逮捕。川端容疑者の執務室通水管どを家宅捜索したが、関係者によると、この際、戸谷事務次官の執務室にも捜索に入ったという。  #=========#