通水管|米当局、中小空港における乗客検査の廃

米CNNは1日、米運輸保安局(TSA)が中小規模の空港での搭乗客に対する検査の廃止を検討していると報じた。テロ対策の専門家からは懸念の声が通水管上がっている。 TSAは2001年9月11日に発生した米同時多発テロを受けて創設された組織だが、CNNが当局関係者の話や内部文書を通水管用して伝えた内容によると、TSAは60席以下の旅客機が就航する150以上の空港における乗客検査の廃止について検討しているという。 通水管ただ、大きな空港へ向かう便を利用する乗客には手荷物の検査などが行われるという。 TSA広報部門の副責任者を務めるマイケル・ビレロ(通水管ichael Bilello)氏はこの報道について、「米政府の管轄下にあるどの空港においても、乗客検査を廃止するという決定はなされていない通水管」とする声明を発表した。 しかし検査廃止を検討しているかどうかについては明言しておらず、「予算編成の一環として、毎年TSAは事業の通水管率化に関する検討が求められている。今年も例外ではない」と指摘した。 CNNが報じた内部文書の内容によると、中小空港での乗客検査を廃通水管止することで毎年1億1500万ドル(約128億円)を削減でき、リスクがはるかに高いと考えられる大規模な空港の保安強化に充てられるという。 #=========#