通水管|得点操作にマニュアル

  東京医科大(東京)が医学部医学科の一般入試で、女子と3浪以上の男子受験者の合格者数を抑通水管制していた問題で、得点操作の方法を記したマニュアルを作成していたことが、関係者の話でわかっ通水管た。マニュアルは入試を担当する学務課長の間で引き継がれ、臼井正彦前理事長(77)と鈴木衛(通水管まもる)前学長(69)の3人だけが把握していた。 東京地検特捜部も、文部科学省の私通水管大支援事業を巡る汚職事件を捜査する過程で、このマニュアルを入手している。 関係者に通水管よると、同大は今年の一般入試で、2次試験の小論文(100点満点)の得点に「0・8」を掛けて通水管いったん全員を減点した後、現役と1、2浪の男子に20点、3浪の男子には10点をそれぞれ加点通水管。女子と4浪以上の男子は加点せずに減点したままにする操作を行い、合格者数を抑制していた #=========#