通水管|前田町長がみなかみ町議会解散 

 群馬県みなかみ町の団体職員の女性が前田善成町長からセクハラを受けたとされる問題で、前田町長は6日、町議会で7月27日に通水管可決された不信任決議に対抗し、町議会を解散した。町議選が40日以内に行われる。不信任決議を受けた県内自治体の首長による議通水管解散は、1976年の旧新里村(現桐生市)以来、42年ぶり。 前田町長は記者会見で、前町長が推進した廃棄物固形燃料通水管(RDF)を熱源として利用する実証実験計画の是非が町議選の争点だと強調した。「後援会や地元の声を聞き、9割が解散を求めて通水管た」とも述べた。 解散通知を受理した小野章一議長は「不信任を受け入れてほしかった。解散権の乱用だ」と指摘。ある町通水管は「前田町長はRDF事業を推進していた。何がしたいのか」と困惑した様子で話した。前田町長がみなかみ町議会解散 セクハ通水管ラ問題 「やけくそ」「保身」「辞めて」 憤る町民今後の流れ 町議選は9月15日までに行われることになり、通水管選挙管理委員会が7日に日程を決める。初招集の議会で不信任決議案が提出されれば過半数の賛成で可決となり、町長は失職する。 #=========#