通水管|<原発賠償見直し先送り>

 原発事故の賠償制度に関する政府内の議論は、電力会社に義務付けた賠償措置額(原発ごとに現行最大1200億円)を引き上げず、実通水管質的な見直しを先送りすることで決着した。【写真特集】福島第1原発の今 現行制度は賠償措置額を超えた部分につい通水管ては、他の大手電力と協力して賠償する「相互扶助」といえる仕組みだが、電力自由化の流れの中で揺らいでいる。 議論に関わ通水管った原子力委員会専門部会の委員は「賠償額が想定より膨らむ恐れがある中、自由化で互いが競合相手になっている。相互扶助は大きな事通水管業リスクで、いずれ行き詰まる」と口をそろえる。地域独占で運営されてきた時代と異なり、電力会社が経営に行き詰まれば、万が一の際通水管の賠償が滞る恐れもある。 2011年の国会の付帯決議で「1年後をめど」とした賠償制度の抜本的見直しは、福島事故から7通水管年以上を経て結局、現状追認となったが、現行制度が持続可能といえないのは明らかだ。 「不十分な備え」という現状を解消す通水管るため、政府や電力会社、民間保険会社など関係者は制度見直しについて今度こそ、期限を区切って資金確保の在り方を検討すべきだ。 #=========#