通水管|<長崎原爆の日>2カ月で被爆、

原爆投下から73年となった9日、被爆地・長崎は終日、鎮魂と平和の祈りに包まれた。あの日と同じように晴れた空の下、長崎市の平和公園では平和祈念式典があり、参列者た通水管ちは、戦争と原爆の実相を語り継ぐ決意を新たにした。【松村真友、今野悠貴】【長崎原爆の日】輪になって手をつないで「人間の鎖」をつくる高校生ら 長崎通水管市の平和祈念式典に参列した被爆者、佐野真穂子さん(73)=山梨県身延町=は、原爆が投下された午前11時2分に目を閉じ、平和を願った。当時は生後2カ月。記憶はなく通水管、被爆者として語ることに葛藤がある。それでも、母に聞かされた体験を語り継ぐ。あの日を忘れられないようにすることが自身の役割と信じている。 佐野さんは、爆通水管心地から約4キロの自宅で被爆した。爆風で家は全壊。母スナエさん(故人)が佐野さんに覆いかぶさり、崩れ落ちてきた屋根瓦から守ってくれたという。 被爆者とい通水管う事実を周囲に知られることが嫌だった。しかし、高校を卒業するまで授業中に呼び出され、血液を採取された。当時の米国の原爆傷害調査委員会(ABCC)が続けていた健康通水管調査だった。「その日の記憶はないのに、常に下ろせない重荷を背負っている感覚があった」 28歳で結婚して長崎市を離れ、山梨県へ移った。同県原水爆被爆者の会通水管(甲友会)に加入後も、体験を知られたくない気持ちは変わらなかったが、会員が減っていく現実に危機感を抱き、少しずつだが体験を家族以外にも語るようになった。 #=========#