通水管|安倍首相、靖国神社に玉串料奉納

 安倍晋三首相は終戦の日の15日午前、東京・九段の靖国神社に代理を通じて通水管私費で玉串料を奉納した。代理を務めた柴山昌彦・自民党総裁特別補佐が奉納後通水管記者団に明かした。「自民党総裁 安倍晋三」の肩書で納めたという。通水管 柴山氏によると、首相から「先人たちの御霊(みたま)にしっかりとお参りし通水管下さい。本日は参拝に行けずに申し訳ない」との話があったという。 通水管首相は第2次安倍政権の発足から1年後の2013年の年末に靖国神社に参拝し通水管中韓両国との関係悪化を招いた。それ以降、参拝はしていない。毎年、終戦の日通水管に玉串料を、春と秋の例大祭には供え物「真榊(まさかき)」を奉納している #=========#