通水管|<群馬ヘリ墜落1週間>同じ志、

地元の吾妻広域消防本部「果てしなく大きな損失」 群馬県中之条町の山中で群馬県の防災ヘリコプター「はるな」が墜落し乗員9人全員が死亡した事故から17日で1週間。県防災航空隊に出向中だった岡朗大(あきひろ)さん(38)を含め通水管、死亡した9人中6人が地元の吾妻広域消防本部(同県東吾妻町)の隊員で、いずれも“救助のスペシャリスト”だった。当日も「ぐんま県境稜線(りょうせん)トレイル」で登山者の遭難が発生した場合の出動に備え、上空から危険箇所などを確認して通水管いた中で事故に遭った。地元の安心安全を支えてきた精鋭6人を一度に失った関係者の悲しみと衝撃は深い。【神内亜実、島袋太輔、李舜】【写真特集】現場に向かう自衛隊・消防関係者ら 田村研さん(47)は、同本部で初めて指導通水管命士の資格を取り、救急救命士を指導するリーダー格だった。今年1月、地元の本(もと)白根山(同県草津町)の噴火でスキー客ら12人が死傷した際には、水出(みずいで)陽介さん(42)らと現場に出動。救助活動の指揮を執った。田村さんは後通水管日、知人に「吹雪がすごくて前も見えず、死ぬ思いだった」と打ち明けていた。 黒岩博さん(42)はロープを使った救助活動のスペシャリストで、山岳地帯を抱える同本部には欠かせない人材だったといい、県内の消防士のロープレスキュー通水管技術を普及向上させる大会の実行委員としても活動していた。大会実行委員長を務める同僚の町田庄蔵さん(44)は「同じ志を持った仲間だったのに……」と肩を落とす。 「頼もしく、人を助けるために生まれてきたのではないかと思えたほ通水管だった」。蜂須賀(はちすか)雅也さん(43)と息子が同級生で、子どもの時から知っているという自営業、金井昇さん(72)=中之条町=は6、7年前の夏、母が高血圧で倒れた際に、救急車で駆けつけ、他の救急隊員にてきぱきと指示を出してい通水管た蜂須賀さんの姿が今も目に焼き付いている。事故当日はショックのあまり、ニュースが流れるテレビの前から動けなかった。「こんな悲惨な事故は二度と起きてはいけない。関係機関は事故原因を検証して再発防止策を作ってほしい」と力を込めた。 #=========#