通水管|総裁選 石破氏が安倍首相に公開討論求める

 9月の自民党総裁選挙への出馬を表明している石破元幹事長は16日、安倍首相に対し公開討論会を開催するよう呼びかけた。通水管自民党・石破元幹事長「私の考え、あるいは総裁の考え、どこが違うのかということをわかっていただける、そういう機会を提供通水管ていただきたい。それは、日本国のために絶対に必要なことだと」石破氏は、こう述べた上で「候補者同士の討論は、絶対に通水管お願いしたい」と訴えた。しかし、安倍首相周辺は「優勢の中、直接討論をやっても得がない」として、「テレビ討論の回数を減らし通水管い」と話している。石破氏はこれを強くけん制し、討論の場で直接対決を挑み、党員票の支持拡大につなげたい考え。通水管また、安倍首相が、自民党の憲法改正案について、秋の臨時国会への提出を目指す考えを示したことから、石破氏は17日、憲法を通水管ーマにした記者会見を開く予定。一方、夏休み中の安倍首相は小泉元首相や麻生副総理らとゴルフを楽しんだ。10通水管日間程度の予定で山梨県内の別荘に滞在し、総裁選に向けた準備も進める予定だが、出馬表明は今月末以降となる見通し。 #=========#