通水管|防護服着た子ども像に批判

 福島市が今月、JR福島駅近くに設置した防護服姿の子どもの立像に批判が集まっている。 「風評被害を招きかねない」といった声がツイッ通水管ターなどで広まり、制作者が謝罪文を発表する事態に。市は18日から像の近くでアンケート調査を行い、対応を検討する方針だ。 像は現代美通水管術家ヤノベケンジさんが制作した作品「サン・チャイルド」。高さ約6.2メートルで、胸元に放射線量を測る線量計が付いている黄色い防護服を着た子通水管どもが空を見上げている。 東京電力福島第1原発事故からの復興と再生への思いを込めた作品だったが、3日の除幕式後、「防護服がなければ通水管生活できないとのイメージを与える」などの批判が続出。ヤノベケンジさんは「不快に思われた方がいましたらおわび申し上げます。市民の皆様を傷つけ通水管る意図は全くありません」との謝罪文を自身のホームページに発表した。 木幡浩市長も「空を見上げ立ち上がる姿に、力強さと希望を感じる。通水管風評への影響は限定的だ」などと、ヤノベケンジさんを擁護する内容のコメントを出したが、像の賛否をめぐる議論は今も続いている。 アンケ通水管ートは1問のみで、像を見た感想を自由に記述してもらう。期間は設けないが、市は集まった意見を踏まえ、像の扱いを関係者で協議するという。  #=========#