通水管|増える男性介護者、悩み相談できず孤立も

高齢になった家族の在宅介護を、男性が担うケースが増えている。国の調査では徐々にその割合が高くなり、2016年は在宅介護者全体の34%に上った。ただ、慣れない家事に戸惑う男性は多く、悩みを相談通水管できず孤立し、家族に手を上げることもあるという。負担を和らげようと、男性介護者向けの料理教室「ケアメンズキッチン」が福岡市で始まった。⇒【画像】増加するヘルパーの労災 腰守る「抱え上通水管げない」介護用具に期待 5日、同市のめんたいこ製造販売会社「山口油屋福太郎」内にある簡易キッチン。家族を自宅で介護する人、介護してみとった人など男性8人が集まった。 初回のこ通水管の日の献立は「ナスと豚のみそ炒め」など3品。薬膳料理教室を開く山口由美子さん(51)が講師を務め、参加者は食材の切り分けや合わせ調味料作りなどを進めた。「男子厨房(ちゅうぼう)に入れ、ですよ通水管。軽口が飛び、笑顔があふれた。「自分が倒れれば…」思い詰める男性も ある男性(83)は、久しぶりにこうした介護者の集まりに足を運んだ。同居の妻(80)の認知症が進み、思い詰めてい通水管たという。 妻は突然、家を飛び出して徘徊(はいかい)することがある。病院に行くのも身の回りの世話も拒み、せっかく申し込んだデイサービスにも行かない。睡眠が十分取れず、「自分が倒れれば通水管、誰かがなんとかしてくれるんじゃないか」とまで考える。 教室ではデイサービスの使い方などを助言された。介護の経験者に悩みを明かせるのがありがたかった。「少しだけ気持ちが楽になった」と通水管男性は語った。 在宅で介護していた妻を6月にみとった男性は、自分で調理する機会が減り、食事が外食に偏っていた。「また一から、ちゃんと身の回りのことをやろうと思った」と笑顔を見せた。 #=========#