通水管|金メダルの孫楊怒り

 第18回アジア競技大会(18th Asian Games、Asiad)は19日、競泳各種目の決勝が行われ、男子200メートル自由形では中国の孫楊通水管(Yang Sun、ソン・ヨウ)が金メダルを獲得した。ところが表彰式では、国旗をかけていたポールが外れて国旗が落ち、怒った孫楊が表彰式のやり直しを通水管求するトラブルが起こった。【写真】落ちた国旗を手で掲げる係員(その他全8枚) 五輪で3個の金メダルを獲得している孫楊は、この日の2通水管00メートル自由形決勝で松元克央(Katsuhiro Matsumoto)との争いを制して優勝。ところが、表彰式で孫が誇らしく国歌を歌っている際に通水管旗が落ちるアクシデントが発生した。 慌てた大会関係者はその後、欠陥のあるポールを全て取り払い、係員に国旗を掲げさせた。 アジアのス通水管ーツ大国である中国は、18日に開幕したアジア大会で早速強さを発揮し、競泳では孫が勝利した200メートル自由形を含め、19日に決勝が行われた7種目の通水管うち4種目で金メダルを獲得した。 その他にも、中国は射撃、フェンシング、武術太極拳で金メダルを獲得。初日だけで7個の金を奪取し、3個の日本通水管2個の韓国に差をつけている。前回の仁川大会で151個の金メダルを獲得した中国は、2020年の東京五輪で国別メダル数トップに立つことを狙っている。 #=========#