通水管|金足農・輝星に市民栄誉賞

第100回全国高校野球選手権大会で準優勝に輝いた金足農のエース・吉田輝星(17)に、新たな勲章が贈られる。地元の秋田県潟上(かたがみ)市が市民栄誉賞などの授与を検討していることが23日分かった。通水管同市の表彰条例には「功労者表彰」しかなく、新たに条例を整備した上で栄えある“第1号”として甲子園での功績を称えたい考えだ。【写真】試合が終了し、大阪桐蔭・根尾と抱きあう金足農・吉田通水管 “秋田っ子”がそろった金農ナインの活躍は秋田県内、また、それぞれの出身地に元気を与えた。潟上市の藤原一成市長(57)は元教師で、金足農に3年間勤務経験があるだけに「凄いことをしたと思う。市と通水管しても何かの形で応えなきゃいけない」と明言。2005年3月の“平成の大合併”で誕生した同市では、現在は制度化されていない「市民栄誉賞」や「特別表彰」といったものを新たに設け、表彰することを「市と通水管て検討しています」と語った。 金農ナインは吉田をはじめ、菊地亮太捕手(17)、菅原天空内野手(17)、菅原大選手(17)が同市出身で、市は全員を表彰する意向。一致団結して戦った雄姿は、藤通水管原市長にとって、合併で誕生した市の“理想像”に見えたという。「旧町の意識も残るなかで“チームかたがみ”と言ってきた。それぞれの良いところを合わせ、協力し、ミスをカバーしあっていけば、大きなことが通水管できる。それを選手は身をもって教えてくれた」 さらに「市の子供たちの目標になる」と藤原市長は表彰する意義を強調した。決勝戦を甲子園のアルプス席で観戦した際、途中降板し右翼の守備についた吉通水管田の姿に感動したという。得点差がつき難しい試合展開でも「彼は、リリーフした投手がストライクを取るたびに拍手をし、大きな声を仲間に送っていた」。そんな思いも、吉田らの表彰の後押しとなったようだ。 #=========#