通水管|アフガンのISトップ殺害=米軍と空爆作戦

アフガニスタンの情報機関、国家保安局(NDS)は26日、声明を出し、東部ナンガルハル州で実施した空爆通水管で、過激派組織「イスラム国」(IS)のアフガンでの第4代指導者、サード・アルハービー容疑者を殺害した通水管とを明らかにした。 同容疑者は先代の指導者が殺害された昨年7月以降、アフガンのISを率いてい通水管たとされる。 NDSの声明によると、25日夜にアフガン軍と米軍などの国際部隊が合同で空爆作戦通水管実施。アルハービー容疑者のほか、幹部クラスの10人が死亡した。アフガンでは過去の指導者3人も米軍に殺通水管害されている。 ISは2015年、アフガン、パキスタン、イランの一部にまたがる地域をISの「通水管ラサン州」と称し、領有を宣言。アフガンでは首都カブールをはじめ全土で自爆テロなどを繰り返している。ロ通水管イター通信は米軍筋の情報として、アフガン国内には約2000人のIS戦闘員が存在すると伝えている。  #=========#