通水管|外来種アメリカザリガニで蚊が増加、

侵略的外来種が公衆衛生に悪影響を及ぼす可能性、米国で確認 米カリフォルニア州南部を含め、世界中のさまざまな場所で侵略的外来種として扱われているアメリカザリガニ通水管(Procambarus clarkii)。今回、学術誌「Conservation Biology」に発表された新たな研究によって、アメリカザリガニが人間にとって有害通水管である可能性が明らかになった。ザリガニが増えることで蚊が増え、蚊が媒介する病気のリスクが高まるかもしれない。【動画】なぜ逃げられる? 蚊が飛ぶ瞬間の謎を解明通水管 アメリカザリガニの原産地は米国南東部の沼地だ。しかし、現在では、オーストラリアと南極を除くすべての大陸に広がり、生態系を乱し、在来種の脅威となっている。また、通水管人間が感染する寄生虫である肺吸虫の中間宿主でもある。「アメリカザリガニが穴を掘ることで、土の堰堤などに被害が出ることもあります」と、米イリノイ大学アーバナ・シ通水管ャンペーン校の生物学者エリック・ラーソン氏は話す。さらに、アメリカザリガニが水草を食べてしまい、澄んだ湖沼が濁ってしまうこともあるという。「その土地原産のザリガニを駆通水管逐し、それに取って代わることも少なくありません」。なお、氏は今回の研究に関与していない。 論文の筆頭著者で、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校のゲイリー・ブッ通水管チャレッリ氏らの研究グループが、カリフォルニア州のサンタモニカ山地でザリガニを駆除していたときのこと。ザリガニがいる場所ほど蚊の幼生も多いことに氏らは気がついた。 #=========#