通水管|塚原夫妻パワハラ疑惑で朝日生命体操クラブ存続危機

日本体操協会塚原千恵子女子強化本部長(71)、夫の塚原光男副会長(70)が経営する「朝日生命体操クラブ」を協賛する朝日生命保険相互会社は3日、選手へのパワーハラスメントに関する第三者委通水管員会の調査次第で、同クラブへの協賛存続について検討すると明かした。また、パワハラを告発した宮川紗江選手(18)への謝罪を2日の文書で発表した塚原夫妻が、宮川選手側に正式に謝罪を申し入れ通水管ことも分かった。【写真】自宅を出発する、塚原千恵子女子強化本部長塚原直也、内村航平、鶴見虹子ら数々の五輪選手を輩出してきた名門「朝日生命体操クラブ」の名がなくなるかもし通水管ない。クラブを協賛する朝日生命の調査広報部担当者は、運営、指導を務める塚原夫妻のパワハラ疑惑に関し、第三者委員会の調査に「しっかりと協力する」とした上で、その調査結果の内容によっては協通水管の存続を「判断、検討していく」とした。8月29日に宮川選手が会見でパワハラを告発したことで、31日までに同社のコールセンターには約600件の苦情などが殺到したという。担当者は「通水管電話でいろいろな意見をいただいている。具体的な数は把握していないが、その中には保険の解約を希望するものもある」と話した。現時点で塚原夫妻側から朝日生命への連絡、謝罪などはないという。通水管朝日生命体操クラブは1974年(昭49)、朝日生命が日本を代表する選手育成と体操の普及のために実業団クラブとして創立した。以来、塚原千恵子氏が同クラブの指導を行い、後に光男氏も加わ通水管、02年からは朝日生命から有限会社塚原体操センターに業務が委託されている。44年間にわたり日本体操界に有力選手を輩出してきた名門。今も子どもから代表クラスまで多くの選手を抱えている。 #=========#