通水管|安倍首相、就活ルール維持求める

 安倍晋三首相は3日夜、学生採用面接の解禁時期などを定めた経団連による就職活動ルールについて「しっか通水管りと守っていただきたい」と述べ、維持を求めた。 東京都立川市で開かれた自民党の集会で、参加し通水管た大学生の質問に答えた。 経団連の中西宏明会長が3日の記者会見で、6月に面接を解禁するなどと通水管した現行ルールを廃止する意向を表明した。首相はこれに直接言及しなかったものの、反対を唱えた形だ。通水管 首相は「だんだんと雇用(環境)が良くなっているから、企業が早く良い人材を確保しようと、就職活動通水管が早くなっている」と指摘。こうした動きは学業に影響があるとして、「これはやっぱりおかしい」と述べた。通水管 首相は「インターンを青田買いの道具として使うことはやめてもらいたいとも経済界に要請している通水管。(学生の)皆さんが4年間しっかりと勉強した成果を正しく企業側に評価してもらいたい」と語った。  #=========#