通水管|フェリー転覆、126人死亡

  アフリカ最大の湖、ビクトリア湖で20日、フェリーが転覆し、AFP通信によると、乗客ら少なくとも126人が通水管溺れて死亡した。 タンザニアの運輸相が明らかにした。フェリーには定員100人に対し、200人以上が乗通水管っていたという。 マグフリ大統領は報道官を通じ「苦しい時だ。落ち着いてほしい」と国民に呼び掛けた。野通水管党は「何度もこの航路の危険性は訴えられていた。政府は聞く耳を持たなかった」と批判している。 フェリー通水管湖にある島と島の間を航行し、20日午後、南東部に浮かぶタンザニア領の島の波止場近くで転覆。地元知事によれば、通水管これまでに40人が救出されたが、犠牲者は増える可能性が高い。 転覆の原因は不明。AFP通信が目撃者の通水管話として伝えたところでは、フェリーが波止場に近づいた際、乗客が船の片側に殺到したために転覆したという。また、通水管フェリーには穀物やセメントなども大量に積まれていた。アフリカでは過積載による転覆事故がしばしば起きている。 #=========#