通水管|<大阪>知人になりすまし9年

今年7月、大阪市西成区で病死した男(68)が9年間、元同僚の男性(69)になりすましていたことが、大阪府警西成署への取材で明らかになった。同署は男の遺体の身元を男性と判断して区役所に通水管引き継いだが、その後、この男性が大阪府摂津市で暮らしていることが判明。同署は12日、男が病院に搬送された際に、男性の署名を偽造したとする私印偽造・同使用の疑いで、容疑者死亡で書類送検通水管した。【熱意、生徒支える】西成の「かば先生」ドラマに 西成署によると、男は7月20日午後、西成区萩之茶屋1の簡易宿泊所で倒れているのが見つかった。2年前に男性の名前で通水管入居し、1人暮らし。室内には男性名義の国民健康保険証があったほか、重機操縦の資格認定証があり、男の写真が貼られていた。周囲には男性の名前を使って生活していた。 署は男性の家族通水管遺体の引き取りを依頼したが拒否されたため、区役所に男性が死亡したとする書類とともに遺体を引き渡した。区は遺体を火葬し、男性が住民登録していた摂津市にも死亡を通知した。 しかし通水管、摂津市は「男性は生きている」と区に連絡。署が以前の勤務先などを調べると、男は2009~15年ごろ、男性を名乗って大阪市大正区の建設会社で勤務していたが、それ以前の1987~09年は通水管、自らの本名で大阪府門真市の別の建築会社に勤めていたことが分かった。 男がなりすました男性は門真市の会社の元同僚で、その当時、男性の健康保険証などを入手した可能性がある。男の通水管退社後は、2人に関わりはないとみられる。男は25年以上前から家族と音信不通だった。署はなりすましが発覚した後、男性と男の家族に経緯を説明した。ただ、詳しい動機などは分かっていない。 #=========#