通水管|腕時計型端末通じ殺害時録音か

  サウジアラビア人の著名な反政府ジャーナリストがトルコで行方不明となっている事件で、トルコメディアは13日、ジャーナリストが通水管身につけていた腕時計型端末を通じて、殺害時の音声が録音されていたと伝えた。この事件は、サウジ人の反政府ジャーナリスト、通水管ャマル・カショギ氏が、トルコにあるサウジ総領事館を訪れた後、行方不明となっているもの。トルコの地元紙「サバハ」は13日通水管カショギ氏が尋問や拷問を受け、殺害されるまでの音声が、身につけていた腕時計型端末「アップルウオッチ」を通じて録音されていたと伝通水管た。トルコ当局は、このデータを入手し、すべての会話を分析したとしている。一方、事件について、トルコ当局と合同捜通水管を行うため、サウジ政府の代表団は12日、トルコに到着している。この週末に、両国の協議が行われ、サウジ総領事館への捜索などを話し通水管うものとみられる。サウジ政府は一貫して、事件への関与を否定しているが、ロイター通信によると、アメリカのCNNやニューヨ通水管クタイムズなどが、今月下旬にサウジで開催される投資フォーラムへの参加を見合わせると表明するなど、事件の影響も出始めている。 #=========#