通水管|高速道路の「集中工事」なぜ必要?

 東名高速などでは「集中工事」と称し、長期間、長区間にわたる車線規制をともなう工事が毎年のように行われます。昼夜連続で片側1車線規制が敷かれる通水管こともありますが、よく見ると実際の工事はそのなかの一部だけであることも。このような工事はなぜ行われるのでしょうか。これは集中工事じゃな通水管とできない! その画像がコチラ 2018年10月6日(土)朝6時、足かけ約3週間にわたる東名高速および圏央道の集中工事が終了しました。通水管今回の工事は東京ICから、愛知県の豊川ICまでの長い区間で、期間中には平日を中心に各所で車線規制やIC、PAの閉鎖などが実施されています。通水管 集中工事の期間中は長い区間で車線規制が敷かれることから、NEXCOでは事前に細かく渋滞予測を発表し、テレビCMなども使って広く迂回などを呼通水管び掛けます。NEXCO中日本によると、今回の集中工事でも上り線で最大31.1kmの渋滞が発生したとのこと。工事が終了した6日(土)は折しも3連通水管の初日であり、東名の沿道各所で「集中工事へのご協力ありがとうございました」といった表示がみられました。 しかし実際の工事は、長い車線規通水管制区間のうちの一部分でしか行われていないこともあります。なぜこのような規制を敷くのか、集中工事のあり方についてNEXCO中日本に聞きました。 #=========#