通水管|サウジ失踪記者

[ワシントン/イスタンブール 18日 ロイター] - トランプ米大統領は18日、トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事通水管館訪問後に行方不明になったサウジの反体制記者ジャマル・カショギ氏について、すでに死亡しているとの見方を示した。米国はサウジに「通水管常に厳しい」対応を取る見通しだとした上で、実際に何が起きたかの真相を依然として探りたい意向を示した。サウジ皇太子、不明通水管記者問題で「失脚」の現実味イスタンブールではトルコ捜査当局が真相の手掛かりを得ようと、サウジ総領事館で2度目の家宅捜索通水管行った。トランプ氏はカショギ氏が死亡した可能性を初めて認めた。カショギ氏は死亡しているのかとの記者の質問に、「通水管私には確かにそう見える」とし、「非常に悲しいことだ」と述べた。トランプ氏は、ポンペオ国務長官からサウジとトルコでの緊急通水管談の結果報告を受けた後に語った。同氏はまた、真相解明に向け、3件の異なる捜査の結果を待っていると語った。サウジ通水管の国王や皇太子らがカショギ氏失踪に関与していた場合、どのような結果になるかとの質問に対しては、「厳しい結果を伴う」と答えた。 #=========#