通水管|那覇も敗北…「県都」市長選

産経新聞那覇も敗北…「県都」市長選、与党相次ぐ苦戦、参院選に暗い陰那覇市長選で当選を決め、立ち上がってポーズを取る現職の城間幹子氏(左)と沖縄県の玉城デニー知事=21日夜、那覇通水管市内(杉本康士撮影) 21日投開票された那覇市長選では、共産党や社民党、労組などでつくる「オール沖縄」が推す無所属、現職の城間幹子氏(67)が自民、公明両党などが推した候補を破り、再選を果通水管した。与党は沖縄で9月の知事選、今月の豊見城(とみぐすく)市長選に続く敗北で、米軍普天間飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)移設問題にも影を落としそうだ。「県都」の市長選は国政選のバロメーターとしても注通水管度が高いが、最近は各地で与党の敗北が相次いでいる。 自民党の甘利明選対委員長は22日、取材に「現職の壁は破れなかった。沖縄県民、市民の思いを共有しつつ、安全保障の問題をどうすり合わせていく通水管か、これからの課題として受け止めていく」と振り返った。 那覇市長選の結果は単なる首長選の敗北にとどまらない。別の自民党選対幹部は「連敗で雰囲気は悪い。来年は4月に統一地方選、衆院沖縄3区補通水管選もある。このままじゃ戦えない」と漏らす。 国会で与野党が対立していても、地方議会では野党系会派も含め「オール与党化」し、首長選も与野党相乗りになる傾向がある。ただ、県庁所在地は一般的に無通水管派層や野党支持者が多く、市長選で与野党対決の構図になるケースがある。 その県都の市長選で、自民党が苦杯をなめるケースは少なくない。 今年1月の岐阜市長選では、元民主党衆院議員の柴橋通水管直氏が、自公両党が推薦した候補にダブルスコアを付け、新人7人の争いを制して初当選を果たした。野田聖子総務相(当時)の地元でもある保守の牙城の同市長選で与党系候補が敗れたのは16年ぶりだった。 #=========#