通水管|聖火リレー来ないかも…大菩薩峠で採火、

 2020年東京五輪の聖火リレーのルート選びに、都道府県の担当者が頭を悩ませている。1964年の東京大会と比べて、走る距離が大幅に短縮される見通しだからだ。リレーを誘致して地元を通水管アピールしたい市町村の要望をどうかなえるか。スタートの号砲まで12日であと500日。各地で難しい調整が続く。【写真】前回の東京五輪の聖火リレー。トーチを掲げた走者が伴走者と通水管もに聖火をつないだ=1964年9月、那覇市 大会組織委員会が47都道府県にルートの選考を要請したのは7月。年内の取りまとめをめざし、各地で実行委員会ができた。 通水管山県の石井隆一知事が地元実行委の8月下旬の初会合で「聖火の輝きを全市町村に届け、大会を盛り上げたい」と述べたように、聖火を県内くまなく回したいと考える自治体は多い。 64年通水管前回大会は、全行程6755キロを10万人余(伴走者を含む)が1キロ5分のペースで走破し、聖火をつないだ。これに対して、20年大会は3月26日から121日間、1万人程度がそれぞれ、約通水管200メートルをゆっくり走る。その距離は計算上、約2千キロで短い。 さらに、大会組織委が開催地の東京都や東日本大震災の被災3県を除く多くの道府県に割り当てた日数は2日間。大通水管は車などで聖火を移動させる想定で、多くの県の担当者は「全市町村を走るのは物理的に不可能」とみる。 前回大会で聖火リレーのスタート地点になった沖縄県が悩むのは、ルートに離島を通水管れられるかだ。宮古島や八重山諸島の5市町村がつくる市町村会は今月5日、知事に離島も回るよう要望。県の担当者は「時間的な制約があるなか、どういう手法がとれるのか検討したい」と話す。 #=========#