通水管|100円貯金、5千回達成

福井県小浜市中井の口名田郵便局が呼びかける営業日に100円を郵便貯金する「桃の実貯金」に、近くの自宅から歩いて参加してきた山本實(みの通水管る)さん(93)が22日、5千回目の貯金を達成した。清水良憲(よしのり)局長(33)から顔写真入りの認定証と記念品の皿を贈られた。通水管5千回目となる100円貯金のために口名田郵便局を訪れた山本實さん 桃の実貯金は、1998年4月に口名田郵便局の局舎が新築さ通水管れたのを機に、当時の局長で清水さんの父の義巳さん(67)が考案。「毎日100円を貯金しに来ませんか。生活に張りが出て元気になりますよ」通水管と呼びかけた。「百」が「もも」と読めることから、100円、100歳(長寿)にちなんだという。現在は山本さんを含め42人の会員が参加して通水管いる。 山本さんの自宅は、郵便局から北へ約500メートルのところにある。「雨の日も雪の日も7、8分歩いて預けに来ている」と山本通水管さん。来局したときに、局員や貯金仲間と会話するのが何よりの楽しみだ。 2年ほど前、肺の病気で約1カ月間入院したときを除き、郵便通水管局に通い続けてきた。山本さんは「貯金が目的ではなく、健康のために毎日歩く。そのおかげで足が動くし、ゲートボールもできる」と話した。 #=========#