通水管|「劇場型詐欺」1枚のハガキから法務省

大阪で去年認知された特殊詐欺の被害件数は1624件、被害金額は36億円にのぼり、過去最悪の水準となっています。オレオ通水管レ詐欺や還付金詐欺など手口は巧妙化する一方ですが、ここ数年はハガキを送りつけるアナログな手法が急増しているといいます。1枚の通水管ハガキから詐欺グループを追いました。【特集】「劇場型詐欺」1枚のハガキから法務省・弁護士巻き込んで…MBSニュー通水管1枚のハガキから…「劇場型詐欺」去年11月、兵庫県・伊丹市に住む60代の女性の自宅に1枚のハガキが届いた。「消費通水管料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と書かれている。差出人は「法務省管轄支局 国民訴訟お客様管理センター」となっているが、法通水管務省に「お客様管理センター」という部署は存在しない。「(ハガキが)郵便ポストに入っていて、見たら、あら?って(Q.心通水管たりは?)ないですけど。詐欺やなと思った。文章が難しい漢字ばかり使っていて、普通の主婦には送ってこない」(兵庫県・伊丹市に住通水管む60代女性)やはり、詐欺なのだろうか。記者が女性の息子を装って、ハガキに書かれていた番号に電話をかけてみた。 #=========#